レディ

音楽の基礎はプロから学ぶ|武蔵野音楽大学でやりたい仕事を目指す

楽しむことが大切

violin

ボイストレーニングをして上手に歌えるようになりたいと考えている人は、まずはそのボイストレーニングの正しい行ない方を知ることが大切です。ボイストレーニングは、今では誰でも手軽に行える練習方法ですが、プロのように上手になりたいと力んでいてはいけません。緊張してしまい、固い表情、凝り固まった姿勢のままボイストレーニングを行なっていては、本来の声をだすことができないのです。そのため、まずはリラックスした状態で挑むことが大切です。リラックスした状態とは、肩の力を抜き、自然体でいることを指します。ボイストレーニング方法やボイストレーニング教室によって、立ったまま指導を受けるのか座ったまま指導を受けるのかは異なります。しかし、どちらも緊張感を解き、背筋を伸ばした姿勢が基本です。中には壁や背もたれに姿勢を預けてリラックスした状態で歌うよう指導するところもあります。

姿勢によって声量や音程は大きく左右されますが、ボイストレーニングにおいて何よりも大切なことは音楽を楽しむということです。のびのびと歌うためにもまずは自分自身が歌を愛する必要があります。また、発生方法やマニュアルなどをきつく意識しすぎてしまうと緊張してしまい、思うように伸びやかに歌えなくなってしまいます。楽しみながら歌うことで、より歌を愛することができ、同時に自然と音程が出るようになり声量も大きくなるのです。そのため、ボイストレーニング教室の中には仲間といっしょに歌えるようなグループ練習を行なっているところもあります。ひとりでは緊張してしまうという人も安心して楽しむことができます。リラックスして楽しむということがボイストレーニングの基本なのです。また、武蔵野音楽大学では細かく発声について指導をしてくれます。プロを目指すという場合は武蔵野音楽大学に通うのも視野に入れておくことが大切といえるでしょう。

プロ顔負けになる

マイク

カラオケで恥をかきたくないと考えている人は、ボイストレーニングを受けることで正しい音程や声量、リズム感などを身につけることができます。その際、自分に適した練習方法を選択することが大切です。

声量を鍛える

ウーマン

ボイストレーニングにおいて重視されていることが声量です。声量を上手にコントロールできるようになることで、プロの歌手のような高い歌唱力を手に入れることができるようになります。

プロから学ぶ

婦人

声に関する事を鍛えることが出来る施設で、魅力あるボイストレーニングを行っています。声が通らず、周りの人に伝えたいことを上手く伝えることが出来ないという人が利用することが多いでしょう。